学校関係者の皆様へ

FREE OFFER

完全匿名ヘルプライン「小・中・高校生用いじめ相談窓口」 無償提供のご案内



近年、職場でのパワハラは増加の一途を辿り深刻な社会問題となっております。
2020年6月からパワハラ防止法も施行され、人間関係の大切さを今一度考えさせられる時代となりました。

弊社では、「完全匿名ヘルプライン」という企業における内部通報のシステムを運営しており、こちらは業界初の匿名に特化した仕組みとなっております。
これまで個人の判明を恐れて通報できなかった問題を解消するため開発したものです。

私たちは、次世代を担う子ども達に、このような「パワハラ=いじめ・嫌がらせ」のない、明るい職場環境を目指す大人になっていただきたいと、心より願っております。

また、社会人だけでなく、匿名性がネックとなり、報復を恐れて相談できずに悩み苦しんでいる生徒さん達の救いの一助になれることはないかを常に考えておりました。

そこで、微力ながら解決に向けたお手伝いをさせていただきたく、公立・私立を問わず、全国の小学校・中学校・高等学校へ、相談窓口システムを無償で提供させていただきます。

こちらは「完全匿名ヘルプライン」をご利用いただいている、数多くのクライアント様から頂戴した売上の一部を、CSR事業の一環として社会貢献に遣わせていただきます。そのため、学校側様に利用料金が発生することは一切ございません。 子ども達のため、安心してご利用いただければ幸いです。

弊社では、2012年から警察庁の委託事業「匿名通報ダイヤル」を8年以上受託しており、これまで20万件以上の通報をお守りしてきた実績があります。

暴力団から幼児虐待まで幅広い犯罪に関わる重要な機密情報を取り扱うため、国内トップクラスのセキュリティレベルを有しております。また、このような事業を請け負えることは、弊社社員に犯罪歴や反社会勢力との関りのある者が一人もいない証明でもありますので、合わせてご安心いただければ幸いです。


いじめにより思い悩んでいる子を、どうか先生方の熱意で、素晴らしい学校生活の思い出が作れるよう手助けしてあげて下されば幸いです。

未来ある子ども達に貢献できることを、私たちは心から感謝申し上げます。


■第一次お申込み期間:2020年12月10日~2021年2月末日まで

■無償利用期間:お申込日~2022年3月31日迄と致しますが、以後の継続を要する場合はお申し出下さいませ。

「小・中・高校生用いじめ相談窓口」(学校用無償版)のお申込みに、電話での承諾や、書類の契約などは必要ございません。
コチラから ウェブ申込いただければ即日利用可能となっております。



完全匿名ヘルプライン 運営事務局(運営会社/株式会社リンクファシリティーズ)
〒412-0042 静岡県御殿場市萩原 25-3-5F
TEL 0550-88-1440、FAX 0550-80-0515
MAIL care@kanzentokumei.com
営業時間 平日10:00-17:00(土日祝を除く)

お申込みはコチラから

ORDER

いじめ解決により達成可能なSDGs目標

Target 3 SDGs

SDGs_5_ジェンダー平等を実現しよう  SDGs_10_人や国の不平等をなくそう  SDGs_16_平和と公正をすべての人に 

完全匿名ヘルプラインを導入することのメリット

MERIT

■匿名性がしっかり守れますので相談しやすくなります


個人の特定を恐れ、これまで誰にも言えず我慢していた生徒が、実情を相談することができます。
また、これまで傍観者であった生徒からの証言なども寄せられやすくなります。
被害の証拠ファイルなどもシステム上から何度でもアップロード可能ですので、確かな情報を得ることができます。


■いじめを起こしかねない生徒への「抑止力」となります


いじめ気質を持つ生徒にとって、完全匿名で相談可能な窓口が存在することは脅威となります。
これまで「どうせ告げ口されないだろう」とタカをくくっていた方も、配慮した言動をとるようになります。


■大きな問題に発展する前に解決できます


思い悩んだ生徒が何か間違いを起こす前に、迅速に事態を把握できれば最小限の被害で解決することができます。


■生徒想いの優良校の証明となります


形だけの相談窓口ではなく、いつでも誰でも相談できる環境があることは、
生徒ファーストの証明、生徒・保護者だけでなく、内外から学校のブランドイメージが高まります。

完全匿名ヘルプラインの優れた機能

SPECIAL FUNCTION

完全匿名ヘルプラインは、学校側と被害生徒が、匿名を守りながら直接WEB上だけで相談受付・質問・回答・進捗確認ができる、日本初の相談プラットフォームサービスです。わずらわしい対応や面倒な手続きが省略できますので、どんな学校様でも簡単に導入&運営できます。

完全匿名ヘルプラインの優れた機能

完全匿名ヘルプラインが選ばれるポイント

POINTS

ヒアリング内容を作文し、入力する必要がない

面倒な報告書をワンクリックで自動作成できる(エクセル形式)

ウェブ上でやり取りできるので電話対応や面談で常時待機する必要がない

相談を受けた際、よく検討してから回答できるので対応を誤る心配がない

秘匿厳守、セキュリティ管理において国内トップクラスの実績

仕様について

PRICE

窓口運営 相談方式 WEBフォーム(PC・スマフォ)
電子メール ×
電話 ×
FAX ×
手紙 ×
相談事案 生徒間におけるいじめ

相談対象者 生徒さん
(先生間のパワハラ事案などはご使用になれません)

対応言語 全言語対応(翻訳不可)

制限なし

その他 相談回数レポート(月毎の検索アソートが可能です)
専門家サポートサービス

×

 
料金
利用料金 初期費用(アカウント作成・発行) 無償提供
完全匿名ヘルプライン「小・中・高校生用いじめ相談窓口」 無償提供

ご利用の流れ

HOW TO USE

コチラから お申込み下さい

学校側用・生徒さん用、それぞれのログインID&パスワード、運営マニュアルなどをお知らせします。

生徒さん達へ 相談窓口URL とID&パスワードを告知してください

相談がきたら、メールで通知されます(相談内容は記載されておりません)

学校側の窓口担当者様は、相談者とやりとりできる 専用の管理ページ にアクセスすれば相談内容を確認でき、相談者への回答や質問、追加情報を求めるメッセージなどを送受信できます。また、証拠書類の提出を求める場合でも、ファイルのアップロード機能から回数無制限で受け取れます。

信頼の運営実績 20万件以上を守り抜いた堅固なセキュリティシステム

PERFORMANCE

完全匿名ヘルプラインは、相談者と学校側の窓口担当者しか閲覧できないシステムとなっております。相談内容には、個人のデリケートな部分や、秘匿事項も含まれる場合があるかと存じます。そのような情報が漏洩することは、生徒さんにとっても、学校にとっても致命的であり、更なる問題に発展するリスクは甚大なものとなります。そのため弊社では、システムスタッフでも閲覧できない策を講じております。

学校にとって重要な社外秘情報ですから、社外窓口の業者選別は細心の注意が不可欠です。当社は、2012年より警察庁から「匿名通報ダイヤル」事業を請け負っており、これまで20万件以上の通報をお守りしてきた実績があります。およそ8年以上の間、今まで1件の情報漏洩もございません。

また、2016年には警察庁が実施したペネトレーションテストもクリアし、強固なWEBシステムセキュリティを証明しています。確固たる実績に基づいて、御社の大切な情報を必ずお守りしますのでご安心ください。

※ペネトレーションテストとは

ネットワークに接続されているコンピュータシステムに対し、実際に既知の技術を用いて侵入を試みることで、システムに脆弱性がないかどうかテストする手法のこと。侵入実験または侵入テストとも言われる。[出典:wikipedia]

お申込みはコチラから

ORDER

会社情報

ABOUT US

所在地:神奈川県横浜市中区長者町 4-11-7
長者町齋藤ビル4F

0120-137-809

営業時間:10:00~18:00

定休日:土日祝日