ハラスメントの中でも、「パワハラ」はどこの職場でも起こりえるハラスメントの一つです。
パワハラでよくあるケースが、行った本人が「パワハラをしてしまった」と自覚していないケースがあります。
増幅しすぎた感情から発展している場合が多く、この感情のコントロールが難しい方に多く見受けられます。
また、「職場(仕事)とは〇〇であるべきだから」という思いから、理想の環境を追及してしまった結果、パワハラが生まれていたということもあります。
このように、感情を律することが出来ずに部下などに自分の気持ちをそのまま伝えてしまうと、本人にその気がなくても相手が「パワハラだ」と感じてしまったら、それがたとえ会社の為、本人の為に言ったことであってもパワハラと認定されてしまうことがあります。
では、個人でパワハラを防ぐにはどのような方法があるでしょうか。

以前にテレビで放送されていた、お笑い芸人の「みやぞん」さんが素晴らしい言葉を残していました。
「自分の機嫌は自分でとる」というものです。
これは仕事だけに限らず、日常生活でもいえる事です。
自分の中で渦巻く、やり場のない負のエネルギーを自分で消化し解決できたら、それに越したことはありません。
その為には何か一つ、自分の機嫌をとれるものを探し、日常的に試すことが大事です。
小さいことでも自分の機嫌を取ることを習慣化することで、感情のコントロールが可能になります。

きっと、感情的になった時に人に伝えようとする言葉は、あなたが伝えようとしている方法よりも、別の良い方法があるはずです。
その場の感情で押し切らず、一旦飲み込み、心を落ち着かせてから何が一番最善なのかを考えるべきです。

また、自分だけでそういった問題を抱え込む必要はありません。
周囲の人間に相談し、助けを求めることも大切です。
「こんなことで悩んでいると思われたくない」といった声もよくお聞きしますが、ハラスメントに発展しては全てが遅いのです。
周囲に相談することは、ハラスメントへのひとつのリスクヘッジといえます。

根本である「ハラスメント」が起きない為にはどうしたらいいのか?
指導する側と指導される側で確執がうまれてしまうこと。
社員がパワハラ防止を心がけることも勿論大切です。
しかし、それこそを防止するのが会社の役目であり、今まで以上に対策を取らなければなりません。

対策には特に匿名の内部通報窓口が効果的です。
完全匿名ヘルプラインは、社内で完全匿名の内部通報窓口で24時間通報可能なため、パワハラ自体を未然に防止する力があります。
設置コストも業界最安値であり、無料トライアル期間も存在するのでお気軽にお試しいただけます。
弊社は日本の社会がより働きやすい環境へなるよう、日々尽力してまいります。
是非一度、お試しください!

会社情報

ABOUT US

所在地:神奈川県横浜市中区長者町 4-11-7
長者町齋藤ビル4F

0120-137-809

営業時間:10:00~18:00

定休日:土日祝日